音楽家と本人認証

  • 2018.09.15 Saturday
  • 11:32

JUGEMテーマ:音楽活動

 

 

以前の記事にも書いたのですが、Google上での本人認証がまだ出来ていません。

免許証のコピーや追加でAmazonの著者アカウントのスクリーンショットなどをGoogleに送ったのですが、私が作家の清水響本人であることの確証は持てないとの答えでした。

「〇〇の資料が足りていないから、実務上登録できない」という訳ではなく、本当に本人か成りすましか判断できないとのことのようでした。

 

Googleは大きな企業ですし、恐らく何ら悪意など無く、最先端の人工知能の技術を利用した上での公正で中立な判断の結果だと思います。

慎重な判断をしているということで、私自身も何ら文句を言いたいわけではありません。

ただ公正な判断であるからこそ、逆に恐いと思ってしまう部分もあります。

つまり本人が名乗りを上げているのに、人工知能が本人でないと判断すると、オンライン上では本人ではなく、成りすましであると登録されてしまうのです。

 

アイデンティティが失われるというのはサイエンスフィクションでは定番のテーマですが、今でもGoogleの人工知能はナレッジパネルを通して呼びかけ、本物の清水響の連絡を待ち続けているというのは、何だか不思議なものですね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

音楽教室ホームページ

音楽教室情報はこちら

SNS情報

ツイッターアカウント


フェイスブックページ

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM